テニス4大大会とは?最初はいつ?優勝者、最多優勝者は?優勝ポイントは?日本人の成績は?

この記事は約7分で読めます。

テニス4大大会とは何を指すのでしょうか?

プロのテニスの大会は、世界的なピラミッドをかたちづくっています。
その頂点が4大大会と呼ばれる、歴史ある4つの大会となっています。
具体的には、国際テニス連盟が定めた、
全豪オープン
全仏オープン
ウィンブルドン選手権(全英オープン)
全米オープン
の4大会を指します。
この、4大大会を示す総称として、グランドスラムとも呼ばれています。

グランドスラムは、その他の大会と違って男女同じ場所同じ日程で行われます。

男女のシングルス、ダブルス、ミックスダブルス、車イステニスが2週間の大会期間に行われます。
グランドスラムの男子シングルスは5セットマッチで行われ、選手にとっては過酷であると同時に、目指すべき大会として目標とされています。

テニス4大大会 の通称は?

4大大会を総称するグランドスラムには、4大大会すべてに優勝することも同じように、グランドスラムとも呼ばれています(「ジョコビッチ選手はグランドスラムを達成した」)

全英オープンはウィンブルドン選手権(こちらが正式名称ですね)とも呼ばれています。

テニス4大大会 の最初はいつから?

1800年代後期から各国でテニスの選手権が開催され、それが現在の4大大会につながっています。テニスの起源はフランスの貴族でその後、イギリスに渡って1873年12月、ウォルター・クロプトン・ウィングフィールド少佐が考案した「スフェリスティキ」が原型と言われています。

その4年後にはウィンブルドンで第1回目が開催されていて、現在まで続くグランドスラム大会の最初となっています。

全豪オープン 1905年オーストラレージアン・テニス選手権(Australasian Tennis Championship)
全仏オープン 1891年 – フランス選手権(Championnat de France)
ウィンブルドン選手権(全英オープン) 1877年「The Lawn Tennis Championships on Grass」
全米オープン 1881年 全米選手権(アマチュア大会)(US  Tennis Championships)

4大大会それぞれの最初はアマチュア大会として開催されており、1968年にプロ選手の出場を解禁するオープン化が実現し、現在のプロ選手が参加する大会になっています。

テニス4大大会 2023日程はいつでしょう?

全豪オープン Australian Open 2023年1月16-23日
全仏オープン French Open 2023年5月22日-6月11日
全英オープン The Championships, Wimbledon 2023年7月3日-7月16日
全米オープン US Open Tennis Championships 2023年8月28日-9月10日

2023年は 上記の日程で行われています。

4大大会、グランドスラムは、2週間の長い日程で開催され、ドロー(参加選手数)はシングルス:128、ダブルス:64ペア
決勝までは、シングルスでは全127試合が原則行われ、優勝者が決まります。
優勝者は決勝まで7試合を勝ち抜いた者となります。
男子シングルスは5セットマッチを7試合(すべてが5セットではないにしても)というのは、選手にとってとてもハードな大会と言えるでしょう。

グランドスラム以外の大会は3セットマッチです。

全仏オープン2023

全仏オープン2023 錦織圭選手の試合は?放送予定は?歴代優勝者は?2023年のドロー、
2023年の全仏オープンは5月28日(現地時間)に開幕して、6月11日の最終日までパリのローラン・ギャロスを会場として開催されます。 日本人としては、錦織圭選手の全仏での活躍が気になりますね。 テレビの放送やネットの配信、歴代の優勝者など、...

ウィンブルドン2023

ウィンブルドン2023 日程はいつ?全英オープンテニス 出場選手?歴代優勝者?日本人の出場?チケットの価格は?
ウィンブルドン 全英オープンテニス The Championships, Wimbledonについて、調べてみましょう。 ウィンブルドン 2023 の日程は?出場選手 全英オープンテニス ウィンブルドン2023の日程は 2023年 7月3日...

全米オープン2023

全米オープンテニス2023日程は?出場選手は?歴代優勝者は誰?日本人の出場?放送予定は?
全米オープンテニス(US Open Tennis Championships)ついて、調べてみましょう。 全米オープンテニス 2023 の日程は?出場選手は? 全米オープンテニス2023の日程は 2023年 8月28日-9月10日 の14日...

テニス4大大会 優勝者(男子)

全豪オープン 全仏オープン ウィンブルドン 全米オープン
2021年 ノバク・ジョコビッチ ノバク・ジョコビッチ ノバク・ジョコビッチ ダニール・メドベージェフ
2022年 ラファエル・ナダル ラファエル・ナダル ノバク・ジョコビッチ カルロス・アルカラス
2023年 ノバク・ジョコビッチ ノバク・ジョコビッチ カルロス・アルカラス ノバク・ジョコビッチ

過去の4大大会の優勝者については、こちらをご覧ください
グランドスラム男子シングルス優勝者一覧 – Wikipedia

テニス4大大会 優勝者(女子)

全豪オープン 全仏オープン ウィンブルドン 全米オープン
2021年 大坂なおみ バルボラ・クレイチコバ アシュリー・バーティ エマ・ラドゥカヌ
2022年 アシュリー・バーティ イガ・シフィオンテク エレーナ・リバキナ イガ・シフィオンテク
2023年 アリーナ・サバレンカ イガ・シフィオンテク マルケタ・ボンドロウソバ コリ・ガウフ

過去の4大大会の女子優勝者については、こちらをご覧ください
グランドスラム女子シングルス優勝者一覧 – Wikipedia

テニス4大大会 最多優勝者 優勝回数は?

ランク 選手 合計 全豪 全仏 ウィンブルドン 全米
1  ノバク・ジョコビッチ 24 10 3 7 4
2  ラファエル・ナダル 22 2 14 2 4
3  ロジャー・フェデラー 20 6 1 8 5
4  ピート・サンプラス 14 2 0 7 5
5  ロイ・エマーソン 12 6 2 2 2
ランク 選手 合計 全豪 全仏 ウィンブルドン 全米
1  マーガレット・スミス・コート 24 11 5 3 5
2  セリーナ・ウィリアムズ 23 7 3 7 6
3  シュテフィ・グラフ 22 4 6 7 5
4  ヘレン・ウィルス・ムーディ 19 0 4 8 7
5  クリス・エバート 18 2 7 3 6
5  マルチナ・ナブラチロワ 18 3 2 9 4

テニス4大大会 のポイント獲得は?

世界ランキングに用いる、ツアーポイントについて、4大大会での獲得ポイントは優勝2000ポイントです。ポイント制度についてはこちらをご覧ください

優勝 2000ポイント
準優勝 1200ポイント
ベスト4 720ポイント
ベスト8 360ポイント
ベスト16 180ポイント
優勝ポイントだけで無く、下位の獲得ポイントも大きくなっています。

ATPツアーマスターズ1000 は優勝ポイントが名称通りの1000ポイントになります。

優勝 1000ポイント
準優勝 600ポイント
ベスト4 360ポイント
ベスト8 180ポイント
ベスト16 90ポイント

グランドスラム大会では、準優勝でもマスターズ1000大会の獲得ポイントを超えるのです。

テニス4大大会 日本人の成績は?

錦織選手が2014年に全米で準優勝をしました。
オープン化後の日本人男子の成績では最高の成績となっています。
錦織選手以前では、
松岡修造さん、1995年全英ベスト8
のみがベスト8以上の成績となっています。

それまでの時期は、日本人男子より女子選手の活躍が目立っていました。
沢松和子さん、1973年全豪ベスト4
伊達公子さん、1994年全豪、1995年全仏、1996年全英ベスト4
沢松奈生子さん1995年全豪ベスト8、
杉山愛さん、2000年全豪、2004年全英ベスト8、
浅越しのぶさん2004年ベスト8
大坂なおみ選手が2018年全米、2019年全豪、2020年全米、2021年全豪で優勝

錦織選手や大坂選手の活躍を見たジュニアの選手が、4大大会に好成績を残す日が来るのはすぐなのか?
これからのジュニア世代の活躍も注目したいですね。

テニスジュニアランキング、日本人ジュニアは?、ポイント制度?
硬式テニスは小さい子どもから年を取っても出来るスポーツ、と言われています。その中でも、ジュニア選手はどのぐらいいるのでしょうか?選手のランキングについて調べてみました。 ジュニアの日本人はどのくらい? 日本テニス協会の調査(令和4年テニス環...

4大大会のオープン化とは

4大大会の大会名称に「オープン」が入っているのはなぜなのでしょうか?こちらのページもご覧ください。

テニスオープン化とは?オープン化はいつから?オープン参加とは違うの?
4大大会の大会名に「オープン」という単語が入っています。オープンは、何がオープンのなのでしょうか? テニス オープンというのはぜ 全豪オープン・全仏オープン・全英オープン・全米オープン と4大大会はオープンという単語が入っています。また、そ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました