テニス ルール ダブルス、サーブやレシーブの順番は? タイブレークは複雑?

この記事は約4分で読めます。

テニスは、サーブから試合がはじまり、ラリーなどがありポイント毎に進んでいきます。ゲームを取り合ってセットを獲得した選手が勝ちますが、それぞれの動きにはルールがあります。テニスのルールを紐解くシリーズです。

今回は、ダブルスのルールを調べてみました

テニス ダブルス のルール

テニスでは、1対1で試合を行うシングルスと、2対2で行うダブルスがあります。1対1の試合では、それぞれのプレーヤーが交互にサービス、レシーブを行うことは、直感的にわかりますが、ダブルスにはちょっとした難しがあり、そのためのルールも異なります。

まず、ダブルスとシングルスの違い、テニスコートの広さが違います。

ダブルスのサイドラインは赤い線(外側)シングルスのサイドラインは緑の線になります。しかしサービスを入れるサービスボックスは同じ広さにです。

チームのプレーヤーの二人は、コートのどちらのサイド(ネットに向かって右側をデュースサイド、左側をアドバンテージサイドと呼びます)にはいるかを決め、セットの間は変更できません。

テニス ルール ダブルス サービスやレシーブの順番は?

2対2で行うダブルスでは、チーム内でのサービスの順番を決める必要があります。その試合の第1ゲームでサービスをするチームは、チームのどちらのプレーヤーがサービスをするかを決めます。

同じように、第1ゲームでレシーバーになったチームは、第2ゲームが始まる前までにどちらのプレーヤーがサービスをするかを決めます。

第1ゲームでサービスをしたプレーヤーのパートナーは第3ゲームでサービスをし、第2ゲームでサービスをしたプレーヤーのパートナーが第4ゲームでサービスをします。

この順番は、そのセットが終わるまで続きます。

ABペア vs XYペア の試合の場合(コートチェンジは考慮しない)

ゲーム開始時サービスレシーブ
1AX
2XA
3BX
4YA
5AX
6XA
7BX
8YA

 

サービスは、ゲームの間、同じプレーヤーがします。
サービス側のチームのサービスをするプレーヤー(サーバーと呼びます)はポイント毎にサイドを交代します。同時に、チームのパートナーもサイドを変更しながらゲームを行います。

レシーブ側のチームは、決めたサイドで交互にレシーブを行います。

ルール コートチェンジ

コート(エンドとも呼びま、ネットのどちら側か)は、奇数ゲームが終了した時に交代します。
シングルスでもダブルス同じに、1ゲーム、3ゲーム、5ゲーム、7ゲーム、9ゲーム・・・と奇数ゲームが終わる時にエンドを交代(コートチェンジ)します。

シングルスは2人しかプレーヤーがいませんから、分かりやすいですね、
しかし、ダブルスは4人プレーヤーがいます。コートチェンジとサービス・レシーブの交代があわさってくるので落ち着いて行いましょう。

テニス ダブルス ルール タイブレークはちょっと複雑?

通常のセットでは、サービスとレシーブの順番は上記に従って交互におこないますが、タイブレークになると、ちょっと複雑になってきます。

複雑と言っても、交互に打つと言った基本は変わりませんから、ぜひ、記憶にとどめておきましょう。

まず、タイブレークはゲームとは違うカウント方法で行いますよね。1.2.3.4.とポイントを数えていきます。

ABペアvsXYペア
ABペアのサービスから始めたの場合で
ゲームカウント6−6でタイブレークに入ります。

サービスは次のサービスである選手Aがデュース(フォア)サイドのサービスでタイブレークは始まります。

次のポイントは、サービスはXがアドバンテージ(バック)サイドから。
2ポイントずつなので次のポイントもサービスはX、デュース(フォア)サイドになります。

次のポイントはサービスがABペアに交代し、Bがアドバンテージ(バック)サイドからになります。
2ポイントずつなので、次のポイントはBがデュース(フォア)サイドからになります。

タイブレークテニスのわかりやすいやり方、ルールは?カウントの仕方、サーブ、ダブルスの場合は?
タイブレークっていう単語はみなさん聞いたことあると思います、テニスのタイブレークとは同点の試合に早く決着をつけることを言います。各セットの最終盤や試合の最後の場面で行われます、どんなときにどうやってタイブレークを行うのかを解説していきましょ...

その上で、ダブルスは4人が交互にサービスをするので、複雑にみえます。

  1. サービスは1ポイント目、3ポイント目、5ポイント目と奇数ポイントでサービスを交代
  2. サービスの交代は、4人で順番に
  3. 6ポイント毎にコートチェンジ
  4. ペアのサイドはセット内では固定なので、リターンサイドは変わりません

この基本ルールさえ押さえておけばダブルスのタイブレークもOKです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました