ウィンブルドン2023 日程はいつ?全英オープンテニス 出場選手?歴代優勝者?日本人の出場?チケットの価格は?

グランドスラム

ウィンブルドン 全英オープンテニス The Championships, Wimbledonについて、調べてみましょう。

ウィンブルドン 2023 の日程は?出場選手 全英オープンテニス

ウィンブルドン2023の日程は
2023年 7月3日-7月16日
の14日間で開催されます。

大会概要は

大会名ウィンブルドン選手権大会(The Championships, Wimbledon)
開催地イギリス/ロンドン
会場オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ
サーフェスグラスコート (芝)
ドローシングルス:128、ダブルス:64
賞金総額£40,350,000 (約66億410万円)

シングルスの試合日程

男子シングルス女子シングルス
7/3(月)1回戦1回戦
7/4(火)1回戦1回戦
7/5(水)2回戦2回戦
7/6(木)2回戦2回戦
7/7(金)3回戦3回戦
7/8(土)3回戦3回戦
7/9(日)4回戦4回戦
7/10(月)4回戦4回戦
7/11(火)準々決勝準々決勝
7/12(水)準々決勝準々決勝
7/13(木)女子準決勝
7/14(金)男子準決勝
7/15(土)女子決勝
7/16(日)男子決勝

男子女子のシングルス予選は、6/26より始まっています。

6/26 男子予選FIRST ROUND が行われています。

6/27 女子予選FIRST ROUND が行われています。

ウィンブルドン2023のドロー(対戦表・出場枠)は?

シングルスのドロー 128の内訳です
・本戦ストレートイン (DA):104
エントリーした選手の世界ランキングによる出場枠
・ワイルドカード (WC):8
大会主催者の推薦枠
・予選通過者 (Q):16
128人が参加する予選で3回勝利

本戦ストレートインの中から欠場者が出た場合などに
・スペシャル・イグザンプト (SE):0
予選に出場できない選手を救済するための特別出場枠
・ラッキールーザー(LL)
予選敗退した選手の中から代わりに出場する選手の枠

※ランキング上位32名にシードが与えられます。

 

ウィンブルドン 2023のドローは未発表(2023/06現在)
→発表されました!!(2023/06/30)

女子シングルドロー

男子シングルドロー

公式ページによれば、2023/6/30にドローは発表としています。

ウィンブルドン・全英オープンのミドルサンデーとは?

ウィンブルドン・全英オープンの日程に過去、ミドルサンデーという休養日が設定されていました。期間中の真ん中の日曜日に試合を設定せず、休養日としたのです。休養日は選手のためでもあったのですが、そのほかの理由もあって設定されていました。

それは、芝!

ウィンブルドン・全英オープンのサーフェースは、天然芝です。天然芝の上で競技を続けると、擦れたりして柴が傷んでくることもあり、休養日を設定し芝の状態を回復させていたのです。最近休養日の設定が無くなったのは、他のグランドスラムと日程を合わせることのほか、芝の保全技術が進み供用日を取らなくても芝の状態を保てるようになったことも理由の一つです。

ウィンブルドンテニス 歴代優勝者は誰?

男子シングルス

ウィンブルドン2023はカルロス・アルカラスが優勝しました!

優勝者スコア準優勝者
2023カルロス・アルカラス1-6 7-66 6-1 3-6 6-4ノバク・ジョコビッチ
2022ノバク・ジョコビッチ4-6 6-3 6-4 7-63ニック・キリオス
2021ノバク・ジョコビッチ63-7 6-4 6-4 6-3マッテオ・ベレッティーニ
2020開催なし
2019ノバク・ジョコビッチ7-65 1-6 7-64 4-6 13-123ロジャー・フェデラー
2018ノバク・ジョコビッチ6-2 6-2 7-63ケビン・アンダーソン
2017ロジャー・フェデラー6-3 6-1 6-4マリン・チリッチ
2016アンディ・マレー6-4 7-6 7-6ミロシュ・ラオニッチ
2015ノバク・ジョコビッチ7–61, 6–710, 6–4, 6–3ロジャー・フェデラー
2014ノバク・ジョコビッチ6–7 6–4 7–6 5–7 6–4ロジャー・フェデラー
2013アンディ・マレー6–4 7–5 6–4ノバク・ジョコビッチ

最近10年間の優勝者は表の通りです。ノバク・ジョコビッチが圧倒的に強さを発揮しています、2023は全仏オープンで優勝を飾っていますので、全英オープンでの活躍が期待されます。

女子シングルス

優勝者スコア準優勝者
2023M.ボンドロウソバ6-4 6-4 オンス・ジャバー
2022 エレーナ・リバキナ3–6, 6–2, 6–2 オンス・ジャバー
2021 アシュリー・バーティ6-3 6-74 6-3 カロリナ・プリスコバ
2020開催なし
2019 シモナ・ハレプ6-2 6-2 セリーナ・ウィリアムズ
2018 アンゲリク・ケルバー6-3 6-3 セリーナ・ウィリアムズ
2017 ガルビネ・ムグルサ7-5 6-0 ビーナス・ウィリアムズ
2016 セリーナ・ウィリアムズ7-5 6-3 アンゲリク・ケルバー
2015 セリーナ・ウィリアムズ6-4 6-4 ガルビネ・ムグルサ
2014 ペトラ・クビトバ6-3 6-0 ウージニー・ブシャール
2013 マリオン・バルトリ6-1 6-4 ザビーネ・リシキ

最近10年間の優勝者は表の通りです。女子はセリーナ・ウィリアムズが一時強さを誇っていましたが、毎年優勝者が変わる群雄割拠の時代になってるのでしょう。

ウィンブルドン 2023 日本人の出場は?

シングルス日本人

西岡良仁選手 1回戦に登場しましたが、敗退。全仏に続く2回戦進出はなりませんでした。(7/4追記)

ウィンブルドン 2023のドローは現在(2023/06)発表されていません。日本人男子ではATPランキングを見てみると、西岡良仁選手が27位(2023/06)にいるので、本戦出場が可能だと思われます。

日本人女子では日比野選手が119位、内島萌夏選手101位(2023/06)ですので、出場の可能性があります。

日本人のエントリーは以下の通りです。

予選に出場した128選手は3回勝つ(16選手)と本戦出場が可能となります

【男子シングルス予選】
ダニエル太郎
綿貫陽介
内田海智
島袋将
野口莉央
望月慎太郎
内山靖崇

【女子シングルス予選】
日比野菜緒
内島萌夏
坂詰姫野
本玉真唯

男子シングルス日本人

望月慎太郎選手 島袋将選手 ダニエル太郎選手 綿貫陽介選手の4選手が
予選から本戦出場を決めました
もちろん、西岡良仁選手 は 本戦出場です

5人の日本人選手が本戦出場を決めたのは、1973年以来50年ぶりの快挙!
1973年大会 坂井利郎さん・九鬼潤さん・神和住純さん・平井健一さん ・田辺清さん

ウィンブルドン2023は綿貫陽介選手が1回戦突破!

しかし、残念ながら、他の男子シングルス日本人4選手は、1回戦敗退となってしまいました。

ダニエル太郎選手 予選出場結果

シングルス予選3回戦ダニエル太郎3-6 6-4 6-4 4-6 2-6K. COPPEJANS
シングルス予選2回戦ダニエル太郎6-3 6-3L. NARDI
シングルス予選1回戦ダニエル太郎6-2 6-4M. TRUNGELLITI

惜しくも3回戦敗れましたがラッキールーザーとして、本戦出場が決まっています。

女子シングルス日本人

日比野菜緒選手 本戦出場

日比野菜緒選手も残念ながら1回戦敗退でした。

日比野 菜緒(ヒビノ ナオ)選手予選出場結果

シングルス予選3回戦日比野 菜緒3-6 4-6S. HUNTER
シングルス予選2回戦日比野 菜緒6-3 6-3R. JANI
シングルス予選1回戦日比野 菜緒6-4 6-3A. ZAKHAROVA

惜しくも3回戦敗れましたがラッキールーザーとして、本戦出場が決まっています。

 

車イス 日本人

車イス男子には、小田凱人が世界ランキング1位など、世界ランキングトップ10に4人の日本人選手がいます。本戦への出場可能な日本人選手です。(2023/6/23)

ITF RANKING選手ポイント
1小田 凱人4718
7三木 拓也2060
9眞田 卓1878
10荒井 大輔1337

追記

車椅子テニス男子 ウィンブルドン2023  小田 凱人選手 グランドスラム全仏に続き連覇!

ウィンブルドン 全英オープンテニス チケット 値段は?

ウィンブルドン 全英オープンテニス会場である、オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブで観戦するためにはチケットが必要となります。
チケットは日程により価格が変動しています。

ドローやコートによって値段が変わっています。

Centre CourtNo.1 CourtNo.2 CourtNo.3 CourtGrounds Passes
7月3日£80£75£46£46£27
7月4日£80£75£46£46£27
7月5日£100£90£56£56£27
7月6日£100£90£56£56£27
7月7日£130£120£75£75£27
7月8日£130£120£75£75£27
7月9日£155£140£90£60£27
7月10日£155£140£90£60£27
7月11日£185£170£47 –£20
7月12日£185£170£43£20
7月13日£220£80£20
7月14日£220£80 –£15
7月15日£255£45 – –£15
7月16日£255£45£8

また、日程後半になると値段が高くなっているのが分かります。

(1£ = 約174.8 円 2023/6/12)なので、センターコートは13,984円から44,574円までの価格となります。そんなに高いという印象は私は無いですね・・・・

引用:https://www.wimbledon.com/en_GB/atoz/ticket_prices.html

グラウンドパスとは? Grounds Passes

Grounds Passes グラウンドパスはウィンブルドン会場に入場できるチケットです。
このパスを使用すると、テニス ファンは会場を回り、ヘンマン ヒル (別名マレー マウンド) などのトーナメントの象徴的な場所の雰囲気を味わうことができます。
グランドパスは発行当日のみ使用可能です。
グラウンド パスでは、コート 3 ~ 19に先着順で入場できます。

ウィンブルドン 全英オープンテニス2023は2023/7/3より開催します。

今年は誰が活躍するのでしょうか?

テニス4大大会について

 

放送予定

WOWOW、WOWOWオンデマンド(ネット配信)、NHKでの放送・配信が予定されています。

WOWOWは

ウィンブルドン2023大会期間中、連日生中継で放送しています。

wowowライブ、で 18:50〜  0:00〜 ピックアップした試合を放送中

NHKは

ピックアップした試合を 23:45〜 放送中 NHKプラスで見逃し配信も
特に男女シングルスの決勝は生中継です。

7月15日(土)

NHK総合1 午後10:00〜  女子決勝 生中継

7月16日(日)

NHK総合1 午後10:00〜  男子決勝 生中継

コメント

タイトルとURLをコピーしました