車いすテニス小田凱人は歩ける??年齢、身長などプロフィールは?世界ランクは?全仏オープン優勝!ギネス記録は?

この記事は約8分で読めます。

小田凱人(おだときと) 生年月日は2006/5/8、出身は愛知県一宮市、東海理化所属、利き腕 左(レフティー)

世界ランニング1位の車いすテニスプレーヤーについて、調べてみました。

小田凱人は歩ける?少しプライベートな情報

幼い頃はサッカーに夢中だった小田凱人選手、しかし9歳の時に骨肉腫が見つかり、左足の一部(股関節、大腿骨)を切除。車いすでの生活が始まりました。
闘病生活の中で、車いすテニスの国枝慎吾選手ロンドンオリンピックを見たことで、車いすテニスを始めました。
世界を圧倒する国枝慎吾さんの姿が、それまでサッカー一筋だった小田凱人選の心に火をともしたのです。「次はサッカーのプロではなく、車いすテニスの世界一に」これが最初でした。

小田凱人選手、短い距離なら歩けますが、長い距離は車いすを利用します、と、インタビューで答えていました。
左股関節に人工関節を入れており、動きが制限されるようで、短い(本当に短いですね)距離なら歩けるようです。パラアスリート、車いすを使う競技では、そもそも歩くことが出来ないと思いがちですが、歩くことができます。

私達は、パラアスリート車いす、と言うだけで、「歩けない」と思ってしまいますが、これも健常者の思い込みの一つですね、気をつけたいと思います。

小田凱人車いす(wheelchair tennis)プロテニスプレーヤー年齢、身長プロフィールは?

車いすテニスは、文字通り車いすを使用してするテニス競技です。
国枝慎吾選手が世界ナンバー1で引退したのを覚えている方もいらっしゃると思います。
その国枝慎吾選手から、バトンを受け継ぐ選手として期待されているのが、小田凱人選手です。

国枝慎吾の車椅子テニス経歴は?グランドスラム成績は?国民栄誉賞
国枝慎吾の経歴を簡単におしえて! 国枝慎吾(くにえだ しんご)は、日本の元プロ車いすテニス選手であり、1984年2月21日に千葉県で生まれました。幼少期に脊髄腫瘍による下半身麻痺を経験し、車いすの生活が始まりました。野球を好きだったが車いす...

2006/5/8生まれと言うことは、現在【2023/7月】18歳です。
若いながらにテニスの4大大会などで活躍をしている注目の選手

小田凱人の世界ランクの上がり方は?

現在(2023/4)の世界ランクは
世界ジュニアランキング Juniors Singles Ranking (24 April 2023) 1
国際テニス連盟車いすシングルスランキング ITF Singles Ranking (24 April 2023) 2
ジュニアは一位 シニアは二位

2023/7/29【追記】シニアも世界1位に!!!!

シニアの世界ランクの推移を見てみましょう

順位
2018408
201983
202090
202110
20224
20231

素晴らしい躍進です、2019年には408位から83位にジャンプアップしています。
2020年はコロナ禍の影響で試合数が少なかったのでしょうか、ランキングは停滞していますが、その後は躍進が続いて昨年は4位、現在は2023/4/23ランキングは2位となっています。

【追記】全仏オープン優勝!の結果、シニアランキングでついに、世界1位となりました。

小田凱人の主な対戦戦績は?

4大大会

車いすテニスでは、四大大会では健常者と同じコートで試合を行います。全仏はクレー(土)のコート、車いすで土の上を動きます!
2022 全仏 QF準決勝敗退
国枝慎吾選手と準決勝で対戦し、敗退してしまいました。

2023全仏オープン(追記)

2023年の全仏オープン成績

1回戦小田凱人選手6-1 6-4荒井大輔選手

日本人同士の対戦となった1回戦、2セット連取して勝利し、全仏オープンベスト8進出です。

準々決勝小田凱人選手6-2 2-6 6-4ルーベン・スパールガーレン選手(オランダ)
準決勝小田凱人選手6-2 7-66マルティン・デ ラ プエンテ選手(スペイン)
決勝小田凱人選手6-1 6-4A.ヒューウェット選手(イギリス)

全仏オープン 車イステニス 優勝!!

と同時に、世界1位に!

2023 ウィンブルドン全英オープン 車いすテニス 優勝

4大大会2連勝!

世界ツアー

2022 世界ツアー最終戦 マスターズ 優勝
2022 BNPパリバ・ワールドチームカップ(国別団体戦) 準優勝

BNPパリバ・ワールドチームカップ(国別団体戦)では初めて代表に選ばれ参加しています。

 

ITF(世界テニス連盟)ランキングによれば、10位以内の車いす選手の中で最若手の小田凱人選手

車いすテニス男子のランキング 2023/8/21現在

ITFランキングプレーヤ生年年齢国籍
1小田 凱人200617日本
2アルフィー・ヒューエット199726英国
3グスタボ・フェルナンデス199429アルゼンチン
4マーティンデ・ラ・プエンテ199924スペイン
5ヨアヒム・ジェラード198835ベルギー
6ルーベンス・パルガレン199924オランダ
7ゴードンリード199132英国
8三木 拓也198934日本
9眞田 卓198538日本
10トム・エグベリンク199231オランダ

2位以下の選手は1990年代生まれの選手です。しばらくは、小田凱人選手の時代が続くのでしょう。

小田凱人の髪型・ファッションについて

小田:今日は私服で取材を受けるようにと言われて、めちゃくちゃ悩みました(笑)靴を目立たせたいと思って、シンプルなコーディネートに。普段からダボっとしたTシャツをよく着るのですが、バランスがよくなるように半ズボンにしてみました。あと髪型にはちょっとこだわっています!

小田:ナイキと契約を結んだのがきっかけで、スニーカー収集にハマっています。今は15足くらいかな、部屋にズラリと並べています。大きな大会の後、ご褒美にスニーカーをゲットします。

(パラサポwebより引用)

ファッションや髪型にも拘っている小田凱人選手、ビジュアルも好印象では無いでしょうか?

髪型も!

スポンサー契約も順調に進んでいます

これからの活躍が期待されている小田凱人選手

これからの飛躍にも注目です。

車いすテニスのルールについてはこちらをどうぞ

車いすテニスのルールの違い?クラス分けは?世界ランキングは?日本は強豪国?日本人選手といえば?
車いすテニス、小田凱人(おだときと)選手が 2023全仏オープン、ウィンブルドンと2連勝し世界ランキング1位にたことは記憶に新しいと思います。 テニスと車いすテニスは何が違って、何が同じなのでしょうか?調べてみました。 車いす(車椅子)テニ...

【追記】2023/8 ギネス記録に登録された情報が飛び込んできました!

【追記】小田凱人のギネス記録に記載されました!

17歳の小田凱人選手、ギネスワールドレコードに最年少記録として認定されました。全仏、ウィンブルドンの最年少優勝、グランドスラム、世界ランキング1位の最年少記録

全仏オープン車いすテニスシングルス最年少優勝者(男性)
|Youngest winner of the French Open Wheelchair Men’s Singles title
グランドスラム車いすテニスシングルス最年少優勝者(男性)
|Youngest winner of a Grand Slam wheelchair singles title (male)
世界ランキング1位を獲得した最年少車いすテニス選手
|Youngest wheelchair tennis player to be ranked world No.1
ウィンブルドン車いすテニスシングルス最年少優勝者(男性)
|Youngest winner of the Wimbledon Wheelchair Gentlemen’s Singles title

最年少の記録をつぎつぎに塗り替えている

本人も、Instagramで、

これはさすがにニヤけてまう😍

と!!!国枝慎吾さんが持っていた ギネス記録のこともあり、喜んでいる様子が伝わってきます。

引用元:ギネスワールドレコード公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました